See more details
Title List

自分の犬が病気になった時。

自分の犬が

命にかかわる病気になった時。

たくさんのことを

しかも急いで決断しなければならなくて、

そんな切迫する事態になって初めて

それぞれの獣医さんの方針がわかったりします・・・


今回のラブの治療にあたって

何人かの獣医さんに 検査データを診ていただいたのですが、

ひとりの獣医さんが

とても 心強いアドバイスをくださいました。


【とことん検査してとことん治療するもよし、

これとこれはやるけど これなしない って選択するもよし、

緩和治療だけで あとは自然に任せるっていうんでもよし、

それは 飼い主さんが決めるしかない。

どんな決断も 犬は受け入れます。

ただ、家族の意見は全員一致になるまで話し合ってください。

あとで しこりになっては犬が可哀想です。

どのように決めても、絶対に罪悪感は持たないこと。

どう決めても、必ず 本当にこれで良いのか?という迷いは出ます。

犬には治療方針なんてわからないけど

飼い主さんが迷っていたり、悩んでいるのはわかります。

だから、決めたら ただその通りにまっすぐ進むしかない。

飼い主さんがスッキリしていないと、

犬は何か良くないことが起こっていると感じてしまいます。

具合が悪いうえに 不安な思いをさせては可哀想ですよ。

”この子は何よりも散歩が好きだから、

散歩の途中で最後を迎えるならそれも本望だ!”っていう飼い主さんもいます。

それでもいいんです、

自分と犬にとって一番良いと思える選択は

みんな違うんです。】


いざという時には、これくらいの心強いアドバイスがありがたいです・・・




目の前に 投薬の副作用で苦しんでいるラブがいるのに

データ数値ばかり見ていて

さらなる薬の増量と麻酔を使っての検査を

あくまでも勧め続ける獣医さんもいました。

麻酔に耐えられないだろうと言いながら、

無理してでも手術・治療を受ければ

【良い時間】 を 長引かせられるのに・・・と。

【良い時間】 の 定義が 私とはまるっきり違っていることに、

その時初めて 気づいたり・・・。


ラブはラットじゃないよ。

息さえしてれば生きてる なんて

そんな風に育てた犬じゃない。


安楽死についても、

【もしも痛がったり苦しんだりして、安楽死を希望する場合は、

他の患者さんのいない時間に合わせて

日にちと時間を予約してから来てください。】 とか、

【そんな処置をすると、僕の気持ちが・・・なので、いきなりは困ります。】 という

獣医さんもいたり・・・。

7G6A1968zz.jpg


普段の深刻じゃない診療ではわからなかった、

それぞれの獣医さんの方針。

いざという時には 獣医さんと意見調整なんてしている暇はないので、

元気なうちに さりげなく方針を確認しておくのは 大事なポイントです。







※この画像をクリックしていただけると、ラブにランキングポイントが入ります。
応援よろしくお願いしま~す♪

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへランキングに参加しています。
にほんブログ村

COMMENT

> はなオレンジ さま

そうなんです、うたちゃん がんばれ~~!!って思っていたら、
ラブもあっという間に体調を崩してしまって・・・

お仕事しながら うたちゃんを支えて
いつも頑張っている はなオレンジ さま、
頑張りすぎて体調を崩したりしないように
時々はご自分の体もしっかり休めてくださいね。

うたぽん!どうか クリスマスにお互い元気で
【メリークリスマス!】って挨拶できますように!!
うたちゃんのことも祈っています!

2015/10/09 (Fri) 22:10 | ラブはは #- | URL | 編集 | 返信

ラブちゃん・・
びっくりしてしまいました。。
時を同じくして、、ラブちゃんも頑張っていたんだね

本当に、、我が子の命に関わる決断、それもいっときを争う、、
苦渋の決断ですね、愛していればいるほどに。。

先生の言葉沁みますね・・
ラブちゃんが美味しく食べれて穏やかな時間を過ごせていてよかった
ママの・・家族の決めてくれたことがラブちゃんには一番だものね
クリスマスも雪の季節を超えて桜の頃も、、そんな時間が過ごせていますように。
祈ってます。。

2015/10/09 (Fri) 18:10 | はなオレンジ #- | URL | 編集 | 返信

> アン&ジョー&バニーのパパ

お久しぶりです、コメントありがとうございます。
獣医学も進んで、たくさんの選択肢があって決断が難しいですよね。
少しでも長く一緒にいたい、でも苦しい思いや辛い思いはさせたくない・・・と、心の中は葛藤ばかりです。
でも最後までラブと一緒に頑張ります。ありがとうございます。

2015/10/08 (Thu) 10:37 | ラブはは #- | URL | 編集 | 返信

お大事に…

ちょっとご無沙汰してた間に…、ラブちゃんガンバってたんですね。
うちのアンの最期は、病名が分かってから約2ヵ月、好きなもの・食べられるものを何でも食べさせてました。ガリガリに痩せて、フラつく足でも最後まで自分で歩いてトイレに出て行ってました。
自分や家族、そして何よりもラブちゃんにとって、何が最善かを考えてみてください。そして、ガンバってるラブちゃんをたくさんたくさん褒めてあげてください。今のうちに思いを目一杯伝えてあげてください。
お大事にしてくださいね♪

2015/10/08 (Thu) 10:06 | アン&ジョー&バニーのパパ #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK